メリット・デメリットの両方を理解しましょう

メリット・デメリットの両方を理解しましょう

インプラント治療では、歯周病の悪化やケガなどによって歯を失ってしまった場合に、インプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を装着して咬む機能を回復させます。従来の入れ歯やブリッジによる治療と異なり、天然歯と変わらない咬み心地や見た目を回復でき、まわりの健康な歯に負担をかけることがないというメリットを持っています。

こちらでは綾瀬市の歯医者「つだ歯科矯正歯科」が、インプラント治療のメリット・デメリットをご紹介します。インプラント治療は外科手術を伴う治療です。患者様ご自身でしっかり理解された上で、治療の選択をされることをおすすめします。

インプラント治療のメリット

メリット 1
しっかり咬める
メリット 2
見た目が自然で美しい
メリット 3
違和感がない
インプラント治療は失った歯だけでなく、歯根までを対象とする治療。咬む力は天然歯の約80%近くまで回復するといわれています。入れ歯と違い、何でもしっかり咬めるようになります。 保険の部分入れ歯にある金属のバネがなく、人工歯はセラミックで自然な白さと透明感が再現されるため、本物の歯と見分けがつかないほど美しい仕上がりになります。 入れ歯のような「ずれ」「もたつき」がなく、また入れ歯が当たることなどで生じるお口の中の痛みなどもありません。
メリット 4
食事を楽しめる
メリット 5
発音に支障がない
メリット 6
まわりの歯に負担がない
入れ歯の場合、硬いものが食べられなくなったり、味覚が低下したり、また温度を感じにくくお口の中をやけどしてしまったりするなどのリスクがあります。インプラントならそのような問題はなく、天然歯と変わらない感覚で食事を楽しむことができます。 入れ歯がお口に合っていないと、話しているときにずれてしまったり、正しく発音できなかったりすることがあります。インプラントなら、支障なく会話を楽しめます。 インプラント治療は失った歯単体での治療になり、部分入れ歯のバネをかけたり、ブリッジ治療で支えとなる健康な歯を削ったりする必要がありません。残っている健康な歯に負担をかけて、健康な歯の寿命を縮めてしまうリスクがない点も大きなメリットです。

インプラント治療のデメリット

デメリット 1
保険が適用されない
デメリット 2
治療期間が長い
デメリット 3
治療できないケースもある
インプラント治療には健康保険が適用されず、自費診療となります。そのため、保険の入れ歯治療などと比較して高額な費用が発生します。 当院では費用の負担を軽減するために、確定申告の際に医療費控除の申請を行うことをおすすめしています。 インプラント治療には、事前の精密検査やそれを元にした綿密な治療計画の立案が欠かせません。さらにインプラントを埋め込んでから、顎の骨と結合するまで3~6ヶ月の期間をおく必要があり、どうしても治療期間が長くなります。 糖尿病や高血圧といった持病をお持ちの場合、インプラント治療ができないことがあります。ただし糖や血圧のコントロールができていれば、治療できるケースもあります。いずれにしろ何らかの内科疾患をお持ちの場合には、事前にご相談ください。

インプラント治療が受けられない、手術に抵抗があるなど、インプラント治療以外の選択肢をお探しの方には、入れ歯治療もあります。当院では、一人ひとりのお口に合った入れ歯づくりをお手伝いします。

>>入れ歯治療についてくわしくはこちら

つだ歯科矯正歯科へのお問い合わせはこちら0467-39-6632

診療のご予約はこちら

ページTOPへ