正確なインプラント治療を可能に

長期間維持できるインプラント治療を行うには、顎の骨に正確な深さ・角度でインプラント(人工歯根)を埋め込む必要があります。顎の骨の厚みほかお口の中の状態は、一人ひとりまったく異なるため、高度な技術と綿密な事前の準備が欠かせません。綾瀬市の歯医者「つだ歯科矯正歯科」では、インプラント治療を正確に行うために「ノーベルガイドシステム」を導入しています。こちらでは、そのメリットなどをご紹介します。

ノーベルガイドシステムとは

ノーベルガイドシステムとは、歯科用CTで撮影した顎の骨や神経・血管などの詳細な立体画像を元に、コンピュータ上でインプラント治療のシミュレーションを行うシステムです。事前に詳細なシミュレーションを行っておくことで、実際の手術でインプラント埋入が可能になります。

ノーベルガイドシステムを用いたインプラント治療の流れ

Step 1
CT撮影
Step 2
シミュレーション
Step 3
埋入位置の決定
初めにCT撮影を行い、顎の骨や神経・血管の位置などのデータを詳細な立体画像にて取得します。 撮影データを元に、コンピュータ上で手術のシミュレーションを行います。 最終的な人工歯の形態などを考慮しながら、インプラントを埋め込む位置や角度・深さなどを決定します。
Step 4
ガイドの製作
Step 5
手術
Step 6
補綴物の装着
シミュレーションの結果などを元に、インプラントを正確に埋め込むためのガイド(マウスピースに似た装置)と、仮歯、あるいは最終的な被せ物を製作します。 製作したガイドを装着して手術を行い、インプラントを正確に埋め込みます。 埋め込んだインプラントの上部に最終的な被せ物を装着して、治療は完了となります。

ノーベルガイドシステムのメリット

メリット 1 正確かつ安全なインプラント埋入が可能になる
メリット 2 シミュレーションを行うため、手術時間を短縮できる
メリット 3 手術当日に仮歯または最終的な被せ物を装着することも可能
メリット 4 ガイドを用いて小さな穴を開けインプラントを埋入するため、歯肉を切開する際のダメージが少なく済む

つだ歯科矯正歯科へのお問い合わせはこちら0467-39-6632

診療のご予約はこちら

ページTOPへ