トツフぺージ入れ歯治療

入れ歯のお悩み、何でもご相談ください

入れ歯のお悩み、何でもご相談ください

歯を失った場合、食事や会話などをスムーズにし、生活を快適なものにするために、失った歯を補う補綴(ほてつ)治療は欠かせません。入れ歯は、補綴治療の中でももっとも歴史の古い治療法です。保険適用で安価に作ることができるため、今でも多くの方に選ばれています。

しかし、合わない入れ歯に「入れ歯だから仕方ない」とガマンしながら使い続ける方は少なくありません。というのも、そもそもお口の中の状況や顎の骨は日々と変化するため、ぴったり合わせて作ったはずの入れ歯も次第に使いにくくなったり、痛みが生じたりしてきてしまうのです。

入れ歯は調整しながら使っていくものです。現在お使いの入れ歯に不具合がある、他院で作った入れ歯だけど使いにくいので見てほしいというご相談も歓迎します。入れ歯のお困りごとは、綾瀬市の歯医者「つだ歯科矯正歯科」へご相談ください。

入れ歯のメリット

 merit01
あらゆる症例に対応可能
 merit02
早ければ1ヶ月ほどで完成する
 merit03
治療は型採りと調整だけ(インプラント)のような外科手術は不要
 merit04
高機能(自費診療)入れ歯でも、インプラントより安い

自費と保険の入れ歯の違い

入れ歯は保険診療で作ることができますが、より高品質の素材や最新技術を活用した高機能な入れ歯を手に入れたいなら、自費診療で作ることも可能です。ここでは、保険と自費で作る入れ歯の違いをご紹介しますので、ご自身に合った入れ歯づくりにお役立てください。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
素材・技術 レジン(歯科用プラスチック)に限定部分入れ歯は金属バネつき 豊富な種類の中から選べる
耐久性 壊れやすいが修理もしやすい 高い
装着感 慣れるまで違和感あり 違和感がない
使用感 咬む力が弱い しっかり咬める
見た目 不自然 自然
費用 安い 高い

入れ歯メニュー

保険義歯

保険義歯

床(歯ぐきに当たる部分)がレジンの入れ歯です。

メリット デメリット
  • 安く・早く作ることができる
  • どんな症例でも対応できる
  • 日本全国どこでも修理・調整が可能
  • 床が厚くなってしまう
  • やや咬みづらい
  • 外れやすい・落ちやすい
  • 壊れやすい
金属床義歯

金属床義歯

床に金属を使用することで、薄く軽い入れ歯を実現しています。

メリット デメリット
  • どんな症例でも対応できる
  • 床が薄い金属なので温度が伝わりやすい
  • 軽くて使用感がよい
  • 汚れにくい
  • 頑丈で壊れにくい
  • 調整・修理が難しい場合がある
  • 比較的高価
  • 金属アレルギーがある場合は素材を選ぶ
ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

クラスプ(金属バネ)がない部分入れ歯です。

メリット デメリット
  • 吸着のよい樹脂製でぴったり装着
  • 使い心地がよい
  • 健康な残った歯に負担をかけない
  • お手入れがしやすい
  • 比較的高価
  • 熱に弱い
  • 壊れた時の修理が難しい

入れ歯の価格

Co-Cr床 216,000円
金床 540,000円
チタン床 432,000円
ノンクラスプデンチャー 129,600円

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る