トツフぺージ虫歯治療

虫歯は自然に治らないお口の病気です

虫歯は自然に治らないお口の病気です

痛い・しみるといった症状がある場合、虫歯になっている可能性があります。放置しておいてもよくなることはありませんので、早めに歯科医院を受診しましょう。早期に対処できれば、治療も簡単に終わりますので、痛みや通院に時間や費用がとられるといったことがありません。

痛みがある、しみるなど、少しでも歯に違和感があるなら、どうぞお早めに、綾瀬市の歯医者「つだ歯科矯正歯科」へご相談ください。

虫歯の原因

虫歯菌 糖分 歯質
虫歯菌 糖分 歯質
お口の感染症である虫歯。虫歯菌はプラーク(歯垢)に潜んでいます。 食後にお口に残った糖分は、虫歯菌の栄養源。歯を溶かす「酸」の原材料となります。 不規則な生活や食生活の乱れなど、免疫力が低下すると、歯質も弱くなってしまいます。

×

時間の経過

上記の3つの要素に、時間の経過が加わると、虫歯菌の出す「酸」で歯が溶かされ、虫歯が発症・進行します。このことから、ブラッシングや歯みがきが、虫歯菌と糖分が出会って「酸」を生み出すのを食い止めるためにとても重要だといわれているのです。

虫歯を見逃さないために~ダイアグノデントペン~

歯と歯の間などの肉眼では見えにくい部分や初期の虫歯は、視診での判断が難しく、レントゲン撮影をしても写らないことがあります。そこで当院では「ダイアグノデントペン」を虫歯の診断に採用しています。

ダイアグノデントペンは、レーザー光を照射し、その反射光を測定することで虫歯診断を行う装置。肉眼では見えづらい箇所にも照射でき、機械が虫歯の有無だけでなく、数値をとおして進行段階も把握できます。光を当てるだけで痛みはありませんのでご安心ください。

ひどい虫歯でも抜歯を避ける方法~根管治療~

ひどい虫歯でも抜歯を避ける方法~根管治療

虫歯が進行して、歯の大部分を失ったり内部が冒されたりしている場合、抜歯が検討されます。しかし、抜歯は歯列のバランスを大きく崩す原因となるため、できるだけ避けたい処置。そこで登場するのが「根管治療(こんかんちりょう)」です。根管治療は、天然歯の根っこを残しながら、歯の機能を回復させる治療法です。

根管治療の流れ

根管治療では、虫歯に冒された歯質や歯髄を除去します。汚染された組織を除去した後は、洗浄・消毒し、薬剤を詰め、被せ物を取り付けて歯の機能を回復させます。

根管内の清掃 洗浄・消毒 薬剤充填・密封 土台形成 被せ物の装着
根管内の清掃 洗浄・消毒 薬剤充填・密封 土台形成 被せ物の装着
根管治療の精度を高めるために~NiTiファイル~

根管内部は暗く、狭く、複雑に入り組んでいるため、肉眼で確認できません。しかも、もし治療後の歯の内部に汚染組織が残っていると、虫歯が再発したり、歯の根で炎症を起こしたりして再治療が必要となります。そのため、根管治療には高い精度が求められます。

当院では、根管治療に「NiTiファイル」を使用しています。柔軟性・弾力がある頑丈な金属製の器具で、複雑な形状の根管内から汚染組織を丁寧にしっかりと取り除けます。これまでに普及していたステンレスファイルよりも精密で、歯へのダメージを最小限に押さえた治療を実現します。

もし、抜歯になってしまったら

もし、抜歯になってしまったら

神経を残すことができず抜歯を余儀なくされた場合は、インプラント治療を行うことで日常生活に支障をきたすことなく日々の生活を送ることができるかも知れません。

歯がない状態で放置しておくと、隣の歯が傾いていき、歯列全体が乱れ身体への悪影響やひどい場合はお顔の変形にも繋がりかねません。

当院では少しでもご安心いただけるように、無料カウンセリングを承っており、院内もバリアフリー設計、送迎も行っております。

もう虫歯によるダメージを受けたくない方へ

もう虫歯によるダメージを受けたくない方へ

虫歯は細菌が原因の感染症ですので、再発リスクの高い病気です。治療後のメインテナンスが充分でなければ、虫歯が再発することがあります。いつまでも自分の歯を大切に使いたいなら、毎日のセルフケアに加え、歯科医院の定期検診やクリーニングを活用しましょう。当院では、予防歯科メニューも充実させていますので、ぜひ積極的にご活用ください。

ページのトップへ戻るページのトップへ戻る